メイクアップアーティストになるには資格が必要

女性

華やかな仕事

メイク道具

アーティストを目指す

雑誌やCMなどモデルや芸能人にメイクを施すメイクアップアーティストは、人を美しく見せる技術を学べる。アーティストになるには信頼が必要で、素人や独学で売り込みをするよりも資格を持っている人のほうが優先される。資格は、知識を持っている証拠になるので、あって損をすることはない。また、この仕事に就くには、専門学校やメイクスクールに通うのが一般的である。専門学校を卒業するまでの期間は2年間で、カラーコーディネートや顔のかたちに合ったメイク術など基礎知識がしっかり身に付く。スクールの期間は数ヶ月で、専門学校ほど深く学べないが、早く職場に立てるのがメリットだ。また、独学で資格を取得してアーティストを目指す方法もあり、かかる費用はメイク道具くらいで、3つの中で1番費用が安く済む。

アシスタントとして働く

「メイクアップアーティスト」の資格をいかす方法の中に、アシスタントとしてアーティストのサポートを担当する方法がある。地道に数年働き、努力と才能が認められれば、いろいろな場でアーティストとして活躍できる。この仕事は、メイクを担当するモデルや芸能人だけでなくたくさんの人と関わる。人見知りするようでは人脈を広げることができないので、社交的でなくてはならない。そのほかに、結婚式場で花嫁のメイクを担当したり、化粧品メーカーで資格をいかす方法もある。この2つは安定した収入を得られるのが良いところだ。また、フリーになると自分を売り込むために積極的にメイク術をアピールしなければならないが、才能が認められれば、年収数千万円の高収入になることもある。

女性

憧れの美容師

美容師を目指す場合、学校に2年通わなくてはいけません。最近の大阪市内の美容専門学校であれば設備も整っているので、基礎技術を身に着けることができるでしょう。また、学校では国家資格対策の勉強も実施されています。

ネイル

キラめく指先を演出

名古屋でネイリストを目指す方は多くいらっしゃるでしょう。専門学校を利用することで、ネイリストになるための専門知識をつけることができます。また、ネイル資格の取得にも有効です。

女の人

ネイリストになるために

今やネイリストは人気の職業の一つとなっており、資格を取得するためのネイルスクールも多く開設されています。通う人のニーズに合わせて様々なシステムが用意されており、自分にあったネイルスクールを選べるようになっています。